読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲労回復走7km・多忙な日々が続く

7.49 km 45:27 (6:04)

月曜日:チャリで河畔を通勤。日曜日に足が軽かったのでもう少し河畔通勤を続けよう。

朝から終日論文執筆に明け暮れる。大分進む。大枠は見えてきた。

帰ろうと思ったら雨がザーザー降ってくる。しばらく待つが止む気配がない。仕方がないからバスで帰る。

休足。

火曜日:バスで通勤。

朝から論文。ほぼ終わりが見えてくる。

昼から追試。26名が受験。半分以上出来た学生を合格にしようと思っていたが「終わった−、やっと春休みだー」なんていう学生の声を聞くと落としにくくなってくる。こんなに遅い時期まで我慢してたんやしな。甘いかなぁ。

終わって直ぐに採点し、また明日の朝に冷静に考える予定。

その後、論文を進める。計算結果を出力しようとすると、ソフトが突然落ちてしまう。明日もう一度計算だ。

チャリで帰宅し走りに出かける。走り出してみると足が重い。日曜日の軽さはどこへ行った?と思うくらいの想定外の重さ。ゆっくりと走り短い距離で終わることにした。あまりに重いので5kmで終わろうかとも思ったが、血行も良くなったせいか気持ちよくもなってきたので3周する。もう1日は走るつもりだ。

木曜までに論文は第0版をまで持って行かねばならない。この論文、意外と面白くなってきた。今の気分では「論文>東京マラソン」といった感じか。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

 

Mペース走10km・追試問題作成

10.05 km 49:52(4:58)

金曜日:チャリで通勤。河畔通勤もこれで最後にしようと思う。

朝から計算し、図を作成。昼から修論発表会が17時過ぎまで。そのあと最終審査で全てが終わる。

帰宅途中に半額総菜を仕入れて飲む。

土曜日:ドライブがてらたかどんの大学へ。たかどんが仕事をしている間わしはスーパーを冷やかしたり近所を散歩したりとぶらぶらする。

昼飯を食った後、お見舞いに寄ったり買い物をしたりして帰宅するともう暗くなりかけていたので思い切って休足する。木曜日に足が重かったので、回復させて明日はMペース走を行おうと思う。

夜はフラガールを鑑賞。何度見ても良いのぅ。

日曜日:遅く起きて朝飯後、追試験問題を作成、それから少し論文を詰める。

昼飯後、東京マラソンで持って走るジェルを近所に買いに行く。アミノバイタルの赤を2個持って走る予定だ。

帰宅後、16時前に河畔に走りに出かける。勝田マラソンTシャツ1枚にしたが日陰では若干寒さを感じる(が結果的には良かった)。足が嘘のように軽い。これは想定外。ちょっとピークが早過ぎる。負荷をかけるため少し速めのMペースで走ることに。

行きは多少の向かい風を感じるが5:00程度をキープし、帰りはこれを少し切る感じで走る。

昔は週1で入れていたTペース走5kmを全く行っていないので、スピードの落ちた状態で東京マラソンを迎えることになった。出来る範囲で全力を尽くそうと思う。

さあ、明日からは走る時間をセーブして論文に全力投入だ。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

Eぺース走10km ・慌ただしい

10.24 km 55:49 (5:27)

朝は少し早めに出勤。

計算をして本質的なパラメターを探す。図を作成。今回の論文はまずは図を作成してぺたぺた貼り付けた後に本文を書く予定。

昼飯の後は人事の案件でばたばたする。

夕方はまた計算し、ほぼ図は固まる。明日の修論発表会で関係ないところでは論文執筆する予定。

帰宅しすぐ走る。本日はもうぶつくさ言わない。単に自己満足に過ぎないかも知れないがとにかく走る。

わしの理想は週休2日、月金が休足日で水曜日のTペース走・週末のロング走を中心にEペース走でつなぐものだ。ところが最近は火水木連続で走った記憶がない。記録を辿ると昨年の7月が最後だった。

今となっては平日3日走は自己満足の面が強いのだが、レース前に最大限に足を疲労させて1週間で超回復させたいという思いもある。

本日も足は重い。しかし意外と走れる。路面が安定していて街灯がある場所では流し的に速めに走ってみる。そうで無い場所は怪我だけはしないように慎重に。

終わった。

明日は休足。

週末は少々忙しいが、刺激を入れつつ軽めに走り、来週の1週間でレース当日に体調がピークに達するよう照準を合わせた練習をしたい。

その前にまずは明日の修論発表会と審査だ。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

Eぺース走・会議は早く終わる

10.16 km 57:49 (5:41)

朝はチャリで出勤。

午前中、模型のいいパラメターを探す。何度も計算して図も修正していくが残念ながら時間切れで昼飯を迎える。

昼休みに会議。来年度の各種委員を決める。

午後は教育会議から始まって教授会・その他諸々の会議。ただ、16時からFDの会議が入っているそうで(わしはもちろん欠席)大急ぎで会議が行われた。やればできるやないか、と言いたい。日頃から後ろを決めて会議を行って欲しい。学部長自らが投票用紙を回収して回っていた、そのくらい時間を節約していた。やれば出来るのだ。

会議中、わしは睡眠を確保。

会議終了後は計算の続き。

帰宅途中には河畔を走りながら「今日は走るで」「昨日も走ったしな」「今週は出来るだけ距離を走り来週にゆっくりと足を休める」「今日1日走ってもたいした影響はないわな」「一旦決めたことは守らねば後悔する」「高々サブ4やないか、そんなに頑張ってもな」「東京マラソンは今後いつ走れるか分からない貴重なもんや」「ワインゆっくり飲みたいのぅ」などと煩悶しながらチャリをこぐ。

帰宅したら出来るだけ何も考えないで着替えて走りに出かける。

疲労が溜まってきたせいか足は重い。ゆっくりとしたジョグにする。3kmほどで少し軽くなった気はしたが直ぐに重くなる。7kmで止めようかな、とも思うが一旦走ったら10km程度は走りたいのがランナーだ。

何とか10kmを走りルーチンは終了。

明日も走る。そして金曜日は休足。土日に少しだけ刺激を入れて来週は待ちに待った調整週。距離も減らしてゆっくりとしよう。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

Eぺース走10km ・採点終了

10.22 km 56:38 (5:32) 

月曜日:チャリで出勤。今週一杯は河畔を走るつもり。

本日は2つの試験がある。朝は少しだけ論文を読んで、その後は試験の準備に終われる。

2コマ目は130人受講の試験。日頃の授業中はすかすかで寒い階段教室が今日だけは一杯になってむんむんと熱気に包まれる。この授業の試験はマークシートで行う。

昼飯の後に3コマ目は専門の授業の試験。コンピューターは計算している最中はシューシューとファンの排気音がして熱くなるが、人間も同じ。皆必死で計算してシューシューするせいか部屋が暑い。

試験終了後、まずは専門の採点を終わらせる。少し帰りが遅くなり休足とする。

火曜日:チャリ。

専門の採点をもう一度点検し終了。掲示を出して少し点数の足りないものにはレポートを課す。それからマークシートの採点。瞬時に終わるはずなのだがこれ(マークシート読み取り君とスキャナー)を使うのは1年に1度だけ。もうやり方を忘れているので2時間近くかかる。しかし、手で採点するよりは断然速い。

採点業務は一応終わった。

少し論文を読んでから昼飯。その後は卒研関連の仕事。やはり何とかして論文にまとめたい。

帰宅後、近所を走る。足は重めである。ペースは気にせず走ることに。今日はいつもより車が多めで走りにくい。照明があり平坦なところでは少し速めに走ったりしてみる。特にこれと言って変わったことはない。

明日は憂鬱な会議日。午前中にマックにネタを精一杯仕込んで午後の会議中に論文を執筆することにしよう。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

 

Mペース走10km・試験問題作成

10.04 km 52:58 (5:17)

ゆっくり起きてから、午前中は明日の試験問題を作る。とにかく易しい問題にする。これで60点取れなければもう無理。

昼飯後、散歩がてらたかどんと近所に買い物に出かける。

帰宅してからしばらくして15時30分に河畔に走りに。今日はMペース走10kmの予定だが、河畔に出ると強烈な向かい風。昨日より強そう。これから5kmずっとこれかと思うと挫けそうになるが、坂道走をしていると思うことにする。

折り返すとまず音が一変する。ヒューヒューと風の音が突然無音になる。しかもギヤを変えたように足が前に進む。なるべく楽をしないように復路を走る。

ちょうど平均してMペース走となった。

昨日のロング走で左ふくらはぎが違和感がある。やはり右を庇って左に影響が出たようだ。

帰宅し風呂でくつろぐ。

来週は試験や会議や修論発表会やその他諸々で少々忙しくなる。しかし、研究と走りに出来るだけ時間を割きたい(前にも同じ事言ったな)。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

サブ4ペース走33km・今季最後の30km走が終了

33.48 km 3:01:56 (5:26)

○左膝が若干悪くなったようだ。

木曜日:雪だが雨に変わる予報なので車で出勤。

試験問題を仕上げて印刷。その合間に計算。

午後は試験を行う。終わってからすぐに採点を始めるがブルーな気持ちになる。わしが教えていたことは全く通じていなかったのだろうか。普通に点数をつけたら半分以上が落ちるので、140点満点でつけると満点(100点以上は100点)が続出の一方、落ちる学生も多くて1/4程度となる。一旦終了して帰宅。

帰りは雨で良かった。ゆっくりと車を走らせて帰る。休足。ワインを飲んで寝る。

ところが寝てから直ぐに、右ふくらはぎが攣って何が起こったのか分からずに悶絶しながら起きる。かなり痛かった。再び寝る。

金曜日:朝起きると右ふくらはぎに違和感がある。これは困った。いつも通りチャリで出勤するが、それですら違和感がある。

朝から採点済み答案の見直し。本当にこれで良いのだろうか?わしの良心が痛む。

結局普通に採点して、追試を行うことにした。

午前中で採点は終了して、午後は卒検関係の計算等を行う。夕方には卒研生と議論。

大事を取って休足とする(というのは言い訳で金曜日にはゆっくり飲みたい)。

土曜日:ゆっくりと起床、お見舞いと買い物に行って帰ってくるともう13時。忙しくカップ麺に焼いた餅2つを入れて食う。

少し休んでから河畔に走りに出かける。最近は多少は気温が上がってきているせいか途中で水が飲みたくなることが多くなってきた。本日は今季最後の30km走とする予定。給水無しを理由に途中で断念したくないのでハイドレーションパックを背負って走ることにした。

走り始めが5:23だったので、落ち着いてきたら5:30程度だろうか。歩くのと走るのでは違う筋肉を使うせいか、ふくらはぎの違和感はそれ程たいしたことはない。だが、5kmを超えると若干に嫌な感じがしたので極力ふくらはぎを使わないようなフォームに変更して走る。

本日は風が強い。帽子も飛ばされそうなくらい。それにもかかわらず、ふくらはぎ以外は割と調子は良い。5kmごとにチューチュー水を吸いながら走る。定期的に給水するとやはり楽だな。

11kmで折り返し風下に走る。しかし風も方向が微妙で真横から風を受けると走りにくい。ここから復路の11kmが調子が良かった。

スタートに戻って再び風上へ向かう。なかなか辛い。

最後はかなり落ちてきて5:30を超えることもしばしば。左膝が少々悪くなってきた。右ふくらはぎを無意識に庇ったせいだろう。

ともかく大事なく走り終えることが出来た。今のわしのMペースがせいぜい5:15で、本日はこれに+11秒だからまあまあだろう。来週は東京マラソン1週間前なのでもう30km走はやらない。30km以上を走るのは本番の東京マラソンと古河マラソン。これで今季のレースは終了なので、もうわざわざ30km走は行わない予定。

顔は塩だらけ。風が強くて冷たかったが太陽がでるとぎらぎらと強かったせいか。

帰宅するとたかどんが風呂を沸かしておいてくれたのでゆっくりと浸かる。最高の幸せ。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain