読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eぺース走10km ・ガイダンス等が始まる

10.11 km 57:36 (5:42)

水曜日:チャリで通勤後、新プロジェクトの考察。午前中の終わりから新入生のガイダンス。わしは新1年生の1/3程度の指導教員となるため自己紹介等をする。わしらの頃は学生はほったらかしであったのだが、今は手取り足取り指導する。わしは人からあれこれと言われたくないので、昨今の大学に入ったら息が詰まりそうだな。

慣れないことをするとどっと疲れる。

再び新プロジェクトを考えるが、ふと面白いことに気がついて寄り道をする。少し調べてみたがまだ誰もやっていないようだ。

休足。晩飯で飲み食いするとすぐに眠くなる。かなり早めに寝るが、夜中に目が覚めてしまった。良いアイディアが出るとハイな気分になっているからこうしたことが良くある(大抵はぽしゃるが)。1時頃から4時30分まで寝床で横になりながらひたすら考える。少し分かってきた。

そうでなくても最近の傾向として2日周期の長短の睡眠となっている。さすがに明日はぐっすりと眠るだろう。

木曜日:4時30分に起床。いつもより早めにチャリで出勤する。

さっそく昨日の寄り道プロジェクトを精査する。ある程度うまくいきそうだったので数値計算してみる。あまりきれいにならなくて悩む。しかも、以前の計算と微妙に合わない。よく分からなくて難儀する。

昼から卒研のガイダンス。昼飯の時間を逃してしまって13時30分にようやく昼食。

再び寄り道プロジェクト。何とかプログラムのバグを発見し計算自体はきれいになったが面白い現象の予言になっているかは未だに不明。ペンディングとする。

帰宅後、湖畔へ。今日もたかどんは走るというので一緒に出かける。先日のGT-2000でのランニングの結果かなり足が疲労し、特におしりが良くない。今日はさすがにこの靴は履く気がしなくてマナを選ぶ。こちらの方が格段に走りやすい。サブ4ペースで走ろうと思ったが足の疲労感が大きいのでEペース走とする。

GT-2000はどうしよう。困った。正直いって履く気がしない。

本日は風が強くて走りにくいが暖かくなったのでTシャツ1枚でOK。ライトアップされた桜を観賞しながら10km走る。たかどんは2周して丁度一緒に終わる。

今年は減量を大きな目標としたい。「ランニングする前・・・」にも減量のことがかなり強調されている。走った夜は帰宅後に野菜ジュースと納豆のみの晩飯(炭水化物は無し)とする。

明日は久々の授業だが、もう準備はしてある。

f:id:TakaQ:20170404202734g:plain

 

E-M交互走10km・新学期始まる

10.02 km 53:46 (5:22)
月曜日:チャリで出勤後、論文を再投稿し、レフェリーレポートを送付して懸案の仕事が終了。その後はじっくりと少し前から取り組んでいる新しいプロジェクトを熟考する。午後には少し授業の準備も行う。

火曜日:チャリで出勤。午前中は新しいプロジェクト。なかなかすぱっと理解できない。悩む。午後は編入生の単位の読み替えを行う。13時から始めて16時までかかる。かなり疲れる。

部屋で少し居眠りをしてしまう。それから再び新プロジェクトを考える。

帰宅後すぐに湖畔に出かける。たかどんも今日は走るというので一緒に出かける。湖畔は桜のライトアップをしていて人も多い。たかどんは1周で帰って行った。

本日もGT-2000で走る。やはり柔らかすぎて走りにくい。ゆっくりでもフォームを大きくして走らないといけない。たった10kmで大きなまめが出来てしまった。足がソールに沈み込むからだろう。この靴は本当にゆっくりのジョグでしか使えなさそうだ。

今日はにこにこペースと頑張りペース(「ランニングする前に・・・」より)で交互に走ってみる。5:30と5:10。とにかくスピードは禁物でにこにこペースで走るのが良いらしい。まだ、まだ拾い読みしかしていないのだが。

さて、明日から1年生のガイダンスが始まる。早く授業の準備もしないと。

f:id:TakaQ:20170404202734g:plain

 

 

 

GT-2000試走10km・科研費内定!

10.06 km 56:40 (5:38)

木曜日:チャリで出勤。午後から共同研究者2名が来て議論するので、午前中はそのための準備。新しい模型で計算をしてみる。議論の土台となる簡単なノートを作る。

15時前に共同研究者が到着。さっそく議論をする。疑問点が氷解し我々の方法の有効性が理解されたので18時で議論を打ち切って飲みに出かける。彼らは本日泊まりである。

金曜日:9時前に再び共同研究者の訪問。午前中は議論を行う。日常的にメールで議論はしているのだが、やはり直接議論するのは大事である。理解が進む。1つは論文を書き、もう1つはもう少し調べることになる。

昼飯を一緒に食った後、彼らは戻っていった。午後はわしが進めているプロジェクトに関していろいろと考えを巡らせる。

土曜日:4月1日は科研費の内定が出る日。しかし、本日は土曜日。どうなるのだろう、月曜日になるのだろうか。なんてことを思いつついろいろと用事をこなしていく。

たかどんは入学式のため朝早くに出勤。わしも起きて早朝から懸案の論文の改訂。先日レフェリーからかなり高飛車で辛辣なコメントが来たので、それに対して柔らかく反論し、ご意見を取り込みましたと言いつつ論文を改訂していく。実はそれ程たいしたコメントではないので、大きな改訂は無し。しかし、慎重に進める。

10時になると買い物に出かける。まず、いつものワイン屋によりドンダビを2本仕入れる。それから、いつもの農園に行って預けてある米を一袋分を持ち帰る。ここでメロンを沢山もらう(間引きしたもの)、これは野菜として漬け物などにして食う。それから生協へ買い物。最終的に荷物が大量になったので帰宅後運ぶのに難儀する。

それから直ぐに再び近所に用事や買い物。ついでに吉野家で牛丼を食う。300円であった。

最近出来たスポーツオーソリティにも足を伸ばしてみる。かなり充実している。シューズを見ているとお姉さんが何かお探しですかと寄ってきたので、しばらくマラソンやシューズ談義。ついでに足の計測をしてもらうことに。いろいろなデータを取り「お客様、左足がオーバープロネーションですね」左足が内側に傾いているらしい「いや、わしはO脚でソールも外側から減っていくんですが」「そうなんです、外側から着地した後に内側へと云々・・・」理屈は良くは分からなかったが「お客さん、左膝は大丈夫ですか」「いや、まさに今多少痛いのです。」お姉さんの見事な見立てに驚く。「例えばこの靴はオーバープロネーション用に作られています。」ということでGT-2000ニューヨークを勧められる。

履いてみると少し柔らかすぎる嫌いはあるが、なんと言ってもお姉さんの鋭い指摘に感動していたので衝動的に買ってしまう。

帰宅後、インターネットで科研費を見るとニュース欄に科研費内定と出ている。大急ぎで自分のアカウントに入ってみると、わしの応募課題に内定が出ていた。やれやれ。これで4年間の研究費は確保できた。

再び論文改訂し、それもほぼ終了したので今度はレフェリーへの回答に着手。高飛車な物言いがかなり不愉快なのだが、そこは抑えて丁寧に書く。心の中ではおまえなんも知らんなと思いつつ。

新しい靴で走りたい気持ちもあるが、晩飯作成などであまり時間がなく休足とする。ドンダビを堪能する。

日曜日:今日もたかどんは出勤。一緒に早起きしてわしはレフェリーへの回答を仕上げる。それから、今度はレフェリーをする。3月の学会前にある論文の査読を頼まれていたが、いよいよ締め切りが近づいてきたので査読結果を書く。面白い論文ではあるので褒めてそのまま通す。

昼になったので近所へ細々した買い物に出て、ついでにはなまるでうどんを食う。

帰宅後に少し休んでから掃除と夕食の支度。14時にたかどん帰宅。しばらくしてから河畔にGT-2000を履いて走りに出かける。

河畔も久しぶりだ。土手の一面に菜の花が咲いてい驚くほどきれい。3月はマラソンと出張の怒濤の月であったから、気がつくと季節の移り変わっている。

GT-2000はかなり柔らかくて走りにくい。膝には良いのだろうか?少しがっくりとしながら、スピードを落としたり上げたりしながら走ってみる。3月は73km(レースを含む)しか走っていないのでそもそも走力がかなり落ちている上に、靴は走りにくい。難儀する。いつも使わない筋肉を使う感じがする。これで20km・30km走は逆にきついのではないだろうか。

最後の方で1kmだけ全力で走ってみる。4:57であった。これが今の全力。

この靴どうしようか。もう少しは走ってみようか。普段履きにしようか。通勤ランにはちょうど良いかも知れない(が、今のところ通勤ランする気力はなし)。

さて、いよいよ新学期が始まる。授業の準備もしなければならない。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

サブ4ペース走10km・「ランニングする前に読む本」が届く

10.03 km 55:44 (5:33)

火曜日:チャリで出勤後、終日研究。

先日買った「ランニングする前に読む本」が届く。出張中にホテルで読んだ新聞の書評で絶賛されていた本だ。時間がなくてあまり読んでいないが、ぱらぱらとめくった感じでは「にこにこペース(わしの解釈ではMペース走)」「フォアフット着地」「ダイエット」が強調されているようだ。

休足とする。

水曜日:チャリで通勤。本日も終日研究。

少し早めに帰宅し、湖畔に走りに出かける。「ランニングする前・・・」を実践する。心拍計を忘れたので感覚でにこにこペース、特に本日はフォアフットで母趾球着地を意識してみる。わしはO脚でシューズのソールも外側が激しく摩耗する。膝にも悪いと思う。しかし、これによって膝への負担が減るようだ。

かなり意識しないと走れない。いつもと違う筋肉を使っているようだ、おしりに大きな疲労感を感じる。

ある程度無理をして走ると、終わってから歩くときにもその習慣が維持される。しばらくは意識して走ろう。O脚も改善するかも。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

 

Eペース走10km・東京マラソンの記録証が届く

10.02 km 1:00:07 (6:00)

○先日のランニングでそこそこの筋肉痛が残っている。左膝はやはり違和感。

日曜日:たかどんは友人のコンサートに出かけたので、わしは午前中は仕事を少々、チャーハンの昼飯後に昼寝をし、久しぶりに大掃除を行う。

土曜日の10km走でかなりの筋肉痛が出ている。特に内ももの股関節周り。フルマラソンを走っても2週間走らないと筋肉は相当衰えるようだ。古河マラソンで走れなかったのは無理もないと今では思える。

月曜日:連休中の出張の代休を取って休み。午前中たかどんを病院へ送迎する。その後たかどんは出勤し、わしは家でまったりと仕事をする。

まず、学会前に来た論文の査読に取りかかる。ざっと読んで内容が分かる。掲載には全く問題なし。今週中に回答をまとめよう。

昼過ぎに、最近投稿した卒研生と共著の論文のレフェリーからコメントが来る。かなり悪意があるコメントでさすがにむっとする。悪意があるというか、むしろ自分の価値観しか認めないような人物だな。ある人の名前が思い浮かぶ。コメントを読んでそこに書かれている文献を幾つか調べていくと、案の定その人の名前の入った論文があった。ちょっと面倒な人に回ってしまったようだ。

その後も共同研究者から何通か研究上のメールがくる。さあ、これから楽しみだ。

夕方湖畔に走りに出かける。本日はEペース走の予定。かなり寒いが真冬よりはましだ。3kmも走ると体が温まってくる。

それにしても足の持久力が弱くなったのを実感する。今日も既に3kmで足が辛い。走っている最中は内股、走り終えるとハムストリング周りが疲労する。もう2周で止めようかなと思うが、そうすると帰っても風呂は沸いていない、タイマーを10kmを目安に設定してきたので。仕方なく3周走る。

帰宅すると東京マラソンの記録証が届いていた。クリアファイルの空けてあった場所に差し込む。本当に今季は終わったなと実感する。

これからしばらくはゆっくりとジョグをしよう。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

 

サブ4ペース走11km・怒濤の出張期間終了

11.34 km 1:01:43 (5:26)

○左膝は未だに違和感有り

古河マラソン以降、あちこちに出張。連休中も学会で過ごす。それもようやく終了。良いことがあった。今やっていることに対してすばらしいsuggestionをもらった。これうまくいくと良い仕事になりそうだ。

そうして古河マラソン以来のランニング。こんなに長い休足はこれまでなかったが、さすがに1シーズンにフル5レースは堪えた。ようやく走ろうと思うことが出来る。湖畔に向かう。ようやく鳥インフルも収束したようで3ヶ月以上ぶりに湖畔を走る。

足は軽い。走り始めは調子が良い。

しかし、5kmで足に疲労感。7kmで果たして10km走れるのかと思う。

少し走らないと持久力はかなりのスピードで落ちていくことを認識。恐らくつなぎでも走っていると全く違うのだろう。

さあ、これから来季に向けて少しずつ走っていこうと思う。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain

 

 

通勤歩き・学会の準備は後回し

4.8km+5.0km

月曜日:木曜日から連休にかけて出張のため代休を取らねばならない。迷わず古河マラソンあけの月曜日とする。

筋肉痛がかなりあるが、コーヒーを飲むと若干収まったような気がする。1日経つと痛いところがよく分かる。今回は股関節、大腿四頭筋と右ハムストリング。

終日家でまったりとして、備忘録などを執筆。

火曜日:天気は雨模様でもあり、かつ積極的休養を兼ねて久しぶりに通勤で歩くことにする。往路は若干の雨。傘をさして歩く。かなり気温は低めではあるが真冬とは違う。考え事をしながら歩くとあっという間に学校に着く。

本日は終日研究。古河マラソンの前に少し良いことを思いついたので、学会準備は午後からへと後回しにしてCMEに関して考える。場の理論的にはかなり深遠な現象なのだが、一様磁場を仮定すれば誰でも分かるような形で導けることが分かった。新しい結果ではないが、かなり理解は進んだ気がする。午後もノート作りに費やし夕方に同僚と議論。

学会のトークの準備をするはずだったのだが明日へと持ち越しになった。

復路:少し遠回りをしてホワイトデーのお土産を仕入れて帰宅。たかどんは喜んでくれた(うっかりすると忘れそうなので、朝覚えているうちにメモに書いて財布に貼り付けておいた)。

明日は何が何でも学会の準備をしなければならない。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain