読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブ4ペース走

33.01 km 2:57:56 (5:23)

朝は講義ノートの執筆。そろそろ新しい箇所を学生に渡さないといけないので、これまでざーっと書いたところを精査して演習問題を埋め込んだりする。来週中にネーターの定理までを配布予定。

昼過ぎ、たかどんは同窓会へと出かけていった。その少し後、わしも走りに出かけた。

出かける前に爪を切ったのだが、少々困ったことが。古河マラソンで右親指の爪が内出血でどす黒くなってしまったのだが、その下から新鮮な爪が伸びてきて、どす黒い部分が大分上に来た。どす黒い部分は爪が複雑になっていて、どうも2層構造をしているようだ。今日、爪を切ったらその1層目が剥離して、いま薄い部分だけが付いている。この薄い部分がはがれると、下の肉が出て来るので走るのに支障が出るかも。それ、もしかしたらちょうどつくばマラソンくらいに起こるかも。

さて、外は曇っているせいもあってかなり気温は低い。湖畔のコースへ行くと手袋して走っている人もいた。

出だし、足は軽くて悪くはない。しかし、10km行かないうちにハムストリングに早くも疲労感が。いろいろ考えていてふっと思った、わし、もしかして後ろに反って走っているかも。後ろに反るとハムストリングを必然的に使う(と思う)。ハムストリングを意識するあまり、かえって悪いフォームになっているのではないか。

そこで、10km以降は前傾を意識して走った。そうすると、例のへその下から足のはえている感覚で、骨盤を回しながら走るフォームを思い出してきた。これを全く忘れていた。これをしばらく続けると、おしりに疲労感が溜まりが痛くなってきた。懐かしい感覚だ。そう、はやりこれなのだ。このフォームでハムストリングを更に使えば良いのだ。

本日は比較的余裕を持って走ることが出来た。最近のロング走の記憶から20kmと25kmの手前では、失速しないかと不安になったが、大きく失速はしないで走りきることが出来た。おしりが疲れた。

f:id:TakaQ:20151031174400p:plain

f:id:TakaQ:20151031174421p:plain

たかどんがいないので、わし一人で晩飯だ。今日は買い物に行かなかったので食材があまりない上、疲れたので作る気力なし。昨晩のすき焼きの残りがあるので、わしは今からそれを食う。

f:id:TakaQ:20150921161804g:plain