読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝田マラソン後の体調

月曜日:膝が痛くてまともに歩けない。学校でもエレベーターを使う。

本日は今季最後の授業。2コマ目、足を引きずりながら講義を行う。アンケートをとらないといけないのだが、教室でアンケート用紙を配ろうと思うと講義用ではなくて実験用だった。慌てて事務室に取りに行くが、足が痛いので急げない。別のアンケート用紙を持って教室へ帰ろうと下に降りると再び実験用。また事務室へ帰って探してみても講義用がない。事務の方に頼んで、わしは教室に帰って授業に戻る。

なんとか時間内に、やるべきことを終えた。

急いで弁当を食って少し休んでから再び講義。こちらもアンケートをとるのだが、今度はマークシート用紙がなかったので、とりあえず授業に入る。ある程度内容は飛ばして、時間ぎりぎりになんとか終わった。

急いで足を引きずりながらマークシート用紙を取りに行って、時間を超過して終了。どたばたしてマラソン明けには厳しい1日だった。

火曜日:終日研究。小さな系だと1周期で元に戻るのか?大きな系で数値計算してみて様子を調べる。午後、修士の学生と少し議論し、木曜日の試験問題を練ったりもする。

帰るとき、ふっと膝が大分良くなっていることに気がつく。朝までは絶望的・故障的に痛かったが、少なくとも足を引きずらなくても歩ける、ただ、階段の下りではあまり良くない。

多少の光は見えてきた。

水曜日:朝の通勤は、河畔をチャリで走ってみた。登りがあるのでマラソン後は通っていなかったが、膝も大分良くなったようなので、恐る恐る試してみたが大丈夫だった。

朝から修士の学生の訪問。修論提出締め切りが近いからだが、もっと早くから準備すべきだ。何度も言ってきたのだが。

朝から数値計算を一つずつじっくりとチェックしていく。焦っても仕方がないので細かい疑問点を1つ1つ解消していく地道な作業。

また、修士の学生が来る。慌てているようだが、何故そんなに慌てるのだ、と聞くと今日が締め切りとのこと。わしは、金曜日だとばかり思っていた。とりあえず提出。

膝は大分良いが、下りはエレベーターを使ってしまう。思ったよりは早く良くなったがここら辺で小康状態だろうか。

本日までは休足としておく。明日からはどうしようか?下手に少し走って再び悪化させるより、直してしまった方が良いのか?どうしたものか。古河マラソンまで1ヶ月ちょっと。

f:id:TakaQ:20150921161804g:plain