読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mペース走12km

12.55 km 1:02:56 (5:01)

金曜日:昨年の秋でペンディングとなっていた論文を、ようやく投稿に向けて準備することにした。そのため、ずっと寝かせてあった原稿を引っ張り出してきて、改定を進める。

4月1日。若い新任の先生も着任して、これから楽しみだ。専門も近いし、いろいろな最近の話題をこれから存分に聞かせて貰おう。

さて、安穏な日々もこれで最後。来週からは学生さんのガイダンス等で慌ただしくなる。どうしても集中力が削がれるので、空いた時間で論文の改訂を行うとちょうど良い。

帰り、いつものワイン屋でオノロベラを購入。そして、百貨店で安くなった総菜やつまみを仕入れる。

金曜日は休足してワインを飲む日。マラソンも終わり年度末の様々な行事が終わって、いつも通りの生活が戻ってきた。

土曜日:春色梅児誉美を読了。好色一代男から雨月物語を経て、ここしばらくは江戸文学を読んでいた、現代語訳だが。わしはどうもこの手の文学はタイトルからして読む気が起きなかったのだが、“読まず”嫌いだったと分かった。江戸時代というと遠い昔のような気もするが、実は文化的には非常に近い、それは小説を読むとよく分かる。特に春色梅児誉美は抜群に思い白くて現代の小説のようだ。最後は少々ばたばたするが、冒頭からぐいぐいとわしら読者を引きつける。これは訳者の力量によるところも大きいだろう。良いものを読ませて貰った。

それから買い物に出かける。たかどんは明日勤務なので、わし一人で。わしは料理も好きなのだが、マラソンシーズンにはあまり時間が取れない。古河マラソンも終わり、一連の研究行事も終わった今、買い物で食材を見ていると作りたい料理があれこれと浮かんでくる。それで大量の食材を購入。明日はうまい晩飯を作る予定、楽しみにしててや、たかどん。

帰ってからかき揚げうどんを製作。腹減っていたのでかき揚げが無意識に超巨大になってしまい、揚げるのに難儀する。

夕方、河畔に走りに出かけた。特にどう走ろうは考えていなかったのだが、意外と走れて3kmで時計を見ると5:17/km程度だった。それなら折角だからもう少し速くしてMペース走とすることにした。寒かったお陰もあるか。

最後の方で、Mペースをキープしつつ出来る範囲での100mダッシュを10本入れた。最後の方は疲れて50m位かも知れない。

終わってから近所の桜を見物して帰宅。

f:id:TakaQ:20160402180135p:plain

 晩にはそのオノロベラを飲む。うまい。

来週から、足も頭もマラソン、頑張ろうと思う。

f:id:TakaQ:20150506163700g:plain