読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤歩き

4.8 km ×2

日曜日:午前中に授業の準備をして、午後は掃除をしたりだらだらとして過ごす。

月曜日:良くなっては走って悪化、となることが続いたので、しばらくは歩くことにしよう。朝に通勤で歩く。天気は良いのだが少し温度が高いようで汗ばんでくる。夕方は雨だろうか。雨でも歩く決心を固める。

朝からスピンポンプ論文の改訂をする。もう何度も見直しているからあまり改訂するところはない。では、完璧かというとそうでもない。何度も何度も見直して、完璧とは言いがたいがしかしこれ以上は改訂も出来ない、となったら投稿となる。

午前中に終わらせて共同研究者にファイル一式を送付してあとを託す。

午後は院の授業。少し早めに終わらせようと思って、部屋の時計を見ると思ったより時

間が経っていない。実感としてはもう結構良い時間と思われるが、時計ではまだ1時間も経っていない。

結局時計が相当に遅れていた。時間いっぱいどころか延長してしまった。

授業の後、再びしばらく前の問題に取りかかるが、疲れてしまって集中力を欠く。 歳を取ってくると夕方まで持たなくなってくる。

だから同僚と議論する。一人だとどうしても自分よがりになる。人に説明するだけでも新しい発見もある。

ふと外を見ると雨が降っている。しかし、今日は歩いて帰ろう。帰る前にメッセージを送ると、たかどんがハンバーグを作るとのこと。最近たかどんはダイエットしていて、糖質を抜いている。そうすると食に関して貪欲になってきて、いろいろ工夫して料理をしている。そもそも料理にかける時間が長くなっている。わしとしては有り難い。

かなり急いで歩いたが歩くのに関しては全く問題はない。

f:id:TakaQ:20150921161804g:plain