読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休足日:故障の様子 その3

○ふくらはぎに負荷をかけてみると芯のあたりに依然として違和感を感じる。直らないのだろうか?

金曜日: チャリで通勤。午前中は、ここ数日考えている問題にのめり込む。2次元まで分かる。ここまで概略は理解。もう少し新しいことが分かったらノートを書いてセミナーの人に送ってみようか。

午後は、もう少し続きを考えたり、ある重要書類の内容を考えたり。そうこうしているうちに新任のSさんが呼んだお客さんのセミナーが夕方に始まる。模型自体は有名な模型なのでおおよそ知っている。現実にそのような現象が起こっているか分からないので、彼の研究はそれが起こる(非現実的な、しかし数学的にはよく分かっている)模型に基づいて、その現象がどのような観測量に反映されるか、を調べると言う話だ。

そのあとSさんとお客さんとで駅で飲む。Sさんは一滴もアルコールは飲まない。それでも2時間近く酒の席にいて酔っ払いの相手をするのが信じられない。業界のかなりきわどい話も聞けたので、彼が酒を飲まないのが残念だ(飲めばもっと喋ると思う)。

土曜日:たかどんが用事があるので勤務先までドライブ。帰りに買い物をして15時くらいに帰ってくる。久しぶりの長距離ドライブで疲れた。

日曜日:午前中は授業の準備。昼飯は久しぶりにカップ焼きそば。たまにジャンクフードを食いたくなる。しかし、食うと不味くてがっくり。

午後は掃除をする。きれいになると気持ちが良い。また1週間頑張ろうと思う。走らないので掃除の頻度が増えている。

天気も良いし走りたい気持ちも湧いてくるが我慢した。前回走って懲りたので2週間走らないでおこうと決めた。それを守ることに。まだ、ふくらはぎの奥の方に違和感がある気がする。歩くときも若干庇っているようだ。だから、これから1週間は歩くのも自重しようと思う。次の週末から走り始めるつもり。

稀勢の里は頑張った。来場所も楽しみだ。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain