読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tペース走3km・足の疲労感に変化の兆しが

7km アップジョグ2km・Tペース走3km・ダウンジョグ2km (Garminデータ転送失敗)

小雨の中チャリで出勤。今朝はたかどんがシュークリーム2つを持たせてくれた。

着いてからいつも通りにストレッチ。それからコーヒーとともにさっそくシュークリーム1つを食ってしまう。

朝からバタフライ図。もう一度計算してみて(昨夕に書き直したプログラムが)正しいことを確認する。パラメターを変えて幾つか新しい計算を試し、ますます予想の正しいことを確信する。まとめる方向に向かって考え出す。

それから、一つ前の論文の3回目の校正が来ているのでちゃっちゃと済ませる。もう飽きた。

授業の準備などをしつつ午前中は終わり。

午後はまず授業。問題を解いてきて黒板に書いておくように言ってあるのだが、今日はなし。授業中も一部の学生は積極的に反応し得くれるのだが・・・。ゆっくりやったのであまり進まなかった。同じことを言葉を換えて何度も喋る。

授業が終わると2つめのシュークリーム。たかどんには感謝だ。

少し元気が出た後、バタフライ図を考え始めたが、新しい校正のことが気になって仕方ない。そこで、こちらを先に済ませることにする。

作業をしようとふと気づく。(漠然と)校正だと思っていたが、校正ではなく提出用原稿の準備だった。英文校閲してもらったのでネイティブの英語に関する修正・コメントが原稿に真っ赤に書き込まれているのが届いたのだ。それに基づいて自分で原稿修正を行う作業。ネイティブは研究の専門家ではないので全てを鵜呑みにはしないで慎重に対処しなければいけない。校正より前の段階の作業だった。

a と the はわしは不得意。多分大方の日本人はそうだと思うが。山のように修正がある。面倒で細かい作業だが英語の勉強にはなる(しかし、終わるとすぐ忘れてしまう)。3ページ終わったところで明日に回わすことにする。

帰宅前に同僚F氏とバタフライ図を少し議論。

最近は昼間でも足が重くて難儀している。鉛でも詰まっているかのような疲労感で階段を登るのにもしんどさを感じる。ところが、本日、相変わらず重いし疲れているのだが、その中にも何となく軽やかさを感じるような良い兆しが芽生えてきた(ような気がする)。昨日の疲労回復走が功を奏したか。こういう走りも必要なことを痛感する。

帰宅後、3日連続で走りに出かける。3日連続は何と3月上旬以来である。帰宅が少し遅れたので、距離を短くする予定。足の軽さも感じるので無理をしない範囲でMペース走3kmを計画。まず、ゆっくりとジョグからスタート。2kmの後、多少迷ったがMペースへ移行。ところが久しぶりでペースが分からない。1kmたってラップを見ると4:44だったのでそれならとTペースに変更しそのまま走る。3km走るとやはりしんどい。その後、ゆっくりとジョグをして本日は短めの7kmのランニング。

明日は休足してゆっくりと飲む予定だ。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain