読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤ラン・健康診断

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain

往路 通勤歩き4.8km

復路 帰宅ラン 6.02 km 38:45 (6:26)

昨夜も夜中に目を覚まして考え込んでしまう(が、さすがにいつの間にか寝ていた)。そんなわけで朝の寝起きは悪い。

故障でランニングが減っている中、体重は増えていっている。そういう悪いタイミングで健康診断がある。少しでも減らすために歩いて行くことに。

多少の違和感は感じるが昨日よりは良い感じだ。

着くとタオルで汗を拭いたあとストレッチをする。チャリの時より歩いた時の方が身体は良く曲がるようだ。

健康診断は9時からなのだが、少し早めに8時41分に部屋を出る。とここが、既にかなりの人が受診中であった。来年のわしへのメッセージ。

8時30分に部屋を出るべし

体重は3kgほど増えていた。視力も衰え血圧も少し高め。問診票(というのだろうか)に過去2年間のデータが載っているのだが、徐々に身体が衰えていくのを数値として感じる。

1時間弱で終了し、新プロジェクトに戻る。ノートにまとめ始める。

昼飯時、「今日は○○会議ですね」と聞かれて何のことか分からずにいたら、わしが招集した領域会議であった。iCalに入れるのを忘れていた。昔はスケジュールに一々書かなくても覚えていたと思うが・・・。余計に人間としての衰えを感じる。

会議は長引き14時近くまでかかってしまう。

その後は、新プロジェクトに関して計算したり考えを巡らせたり。

帰宅では走ってみる。荷物を背負っているのでゆっくりで良いので走って足の様子を確かめよう。故障上がりでどっちみち速くは走れないのだから。

走ってみて朝より夕方の方が圧倒的に楽だ。右すねはまだ違和感というか痛みを感じるのだが、悪い感じはしない。どう言えば良いのだろうか、怪我をして血が出て痛くても、しばらくすると瘡蓋が出来てきて、痛いと言うより痛痒くなってくるのに似た感じか。回復時の心地よい痛みと言った風である。

河畔は若干の涼しさを感じるが、汗だくとなる。また、堤防の草刈りをしているせいか虫が多くて難儀する。汗をかくと顔がはえ取り紙状態と化して虫がいちいちへばりつく。

日没も随分と早くなった。

帰って晩飯を食ってしばらくするとたかどんに虫のことで文句を言われる。恐らく服に相当数の虫がついたようで、一緒に家に入ってしまったのだろう。

明日は別キャンパスに用事があるため車で出勤しなければならない。休足とせざるを得ないか。

どのコースを走るかは別にして、しばらくは通勤ランを行いたい。非常に効率的。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain