読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤歩き・論文再投稿

往復 4.8 km×2

○先週のロング走ですねは悪化したようだ。また、日常生活で左膝が少々痛い。

水曜日:たかどんの具合が悪そうなので、病院に送っていくことも考えて車で通勤。

朝から論文改定。午前中にはほぼ終わり、レフェリーへの回答を作成。同僚F氏に渡す。

それからしばらくわしは授業の準備をしたり。

夕方には再投稿をする。わしはレフェリーの顔を立ててレターからフルにして投稿することにしたのだが、再投稿で良いのだと思っていた。実際に再投稿すると直ぐに編集部から「フルに変える場合にはもう一度新しいものとして投稿すべし」との連絡が。しまった、それならレターで頑張れば良かったと思う。

よく読んでいなかったからわしが悪いのだが。

最近、あれこれと忙しくて気分的に焦りがある。そうするとミスをする。こういう時こそ気を付けないといけない。

もう一度投稿をやり直す。帰りが少々遅くなる。

木曜日:帰宅後夜に走ろうとも思ったのだが、足にはまだ不安がある。やはり自分の体だから分かるのだ、朝起きて歩いてみると。かといって、何もしないのはもっと不安だ。そこで、歩くことにする。特に今日は気温が高そうなので、Tシャツと半パンといったジョギングのような格好で歩く。

昨日の投稿後、いつもは自動的に受け取りのメールが来るのだが、昨日は来なかったので少々気になっていた。今日も来ていない。授業の準備をした後、編集部へ電話をして聞いてみると届いていないとのこと。

急いで投稿する。

授業準備をしてから、学生に配布するノートを印刷する。

あとは科研費の書類書き。

午後の最初は授業。少々難しく抽象的な科目なので、とにかく学生に質問するように促す。いつもよりは質問も多く出た。これをずっと続けて欲しい。

終わるとどっと疲れる。科研費の書類の続き。しかし、飽きてきたのでちょっと研究のことを考えて計算してみる。京都のワークショップで思いついたことをチェックしてみる。

さて、帰りも歩き。信号などで小走りしてみると意外と良い感じがするが、週末にロング走が出来るようにと走りは自重する。

晩飯も卵と納豆だけにする。これ以上体重が増えると危険だ。例年マラソンシーズン中は58kg前後なのだが今年は61kg前後。これだけでも足に負担が増える。晩はタンパク質だけを取りワインも止めておく。走らない日に飲まないのは久しぶりだ。

これからしばらくは、週末のロング走が中心で、平日は歩きにしておいた方が良いような気がする。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain