読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eぺースロング走31km・久しぶりなので疲労困憊

31.06 km 3:08:56 (6:05)

 ○ゆっくりだったのですねは特に問題なし。左膝に鈍痛。久しぶり(今季初)の30kmは相当に消耗した。走る前61.15kg 後59.50kg。

金曜日:朝は歩いて出勤。のはずだったが200m程度歩くと右足裏の前方、ちょうど蹴る部分が痛くてたまらん。通勤では古いターサージールを履いているのだが、これがいかんのか。

とても5kmは歩ける気がしなかったので、直ぐにUターンしてチャリで出かける。

歩くときと走るとき、使う部分が違う。わしは走るときにはなるべく蹴らないようにしているのに対して、歩くときには速く歩こうと蹴っているのかも知れない。

終日、科研費の書類書き。どうも左膝に鈍痛があるのが気にかかる。

夜は誘惑に負け、ついつい総菜を買って帰宅し飲んでしまう。たかどんが出張でいなかったし。納豆だけの晩飯は昨夜1日で終わってしまった。

土曜日:予報では昼から雨なので朝走る。

6時30分に起床、7時に河畔に走りに出かける。

まず、足の裏は大丈夫のようだ。歩くと痛いが走っても何でも無い。或る意味、不思議だ。本日はロング走の予定。下手にサブ4ペース走とか途中で入れると、すねに悪そうなので、今日はEペースを守ることにする。

たらたら走ると丁度6:00程度なので、本日はこれで20km超を目標とする。

5kmを過ぎると例の足の裏が痛くなってくる。が、しばらくすると忘れてしまった。走るのは大丈夫そう。すねも多少の違和感はあるがいけそうだ。ただ、左膝には鈍痛がある。

15km走ったところで、可能なら30km行こうと思い始める。考えてみれば水戸マラソンの3週間前。例年ならばレース3週間前が30km走の最後だ。ところが今シーズンではこれが初めての30km走。

特に問題なく22km終わる。そこでUターンしてあと10kmだと思ったとき、一瞬くらくらとくる。めまいのような感じ。もしかしたらハンガーノックか、さてどうしたものかと思うがしばらくすると収まった。そのまま30km走を行うことに。

25kmの所にカラスの大群がいる。声を出して追い払いながら走る。くちばしを見ると緑色の何かを加えている。虫でも食っているのかと思ったが、道には葉っぱが落ちている。何かうまい植物があるのだろうか。

帰りもカラスの大群に遭遇。30羽あまりはいるだろうか。声を出して走っているとこちらをにらみつけながら飛んでくカラスもいた。ヒッチコックの世界。

なんとか走り終えるがさすがに疲れた。20kmと30kmは疲労度が全く違う。

シャワーを浴びると股ずれがしみる。

納豆と卵を食って、たかどんを迎えに行ってそのまま買い物へ。

帰るともう腹が減っている。久しぶりにかき揚げを作りそばとともに食う。

そのあとは昼寝。死んだように爆睡する。相当に堪えた。

これまでの経験では、走り終えたときにはすねは大丈夫なのだが、その後時間をおいて痛みが出ることが多い。したがって念のため明日は休む。月曜日に20km走を行う予定。そして、水戸マラソンまでにあと2回は30km走を行いたい。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain