読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mペース走33km・かなりの消耗

33.57 km 3:00:57 (5:23)

○スポーツパンツをはいたのにもかかわらず股が擦れてしまい風呂でしみた。左膝は相変わらず。

木曜日:新しいプロジェクトの文献を調べて片っ端からデータベース化しプリントアウトする。午前中、くだらない会議が一つ。午後も引き続き文献を調べる。

金曜日:終日、新しいプロジェクトを熟考。たまに計算をしてチェックする。

土曜日:たかどんは出勤。わしは午前中に買い物。昼飯は焼きそばを作る。久しぶりで旨かった。

明日から天気が悪そうなので、今日は30km走を行わなければならない。が、前回の20km走のきつかったことがあるため憂鬱であった。2日休足したがどれ程回復しているか分からない。

13:00に準備をして河畔に出かける。なんとまあ、出だしは快調である。非常に楽に走れる。ピークが来てしまったかと不安になるくらい。こんなところで出し切っても仕方ないので、少し抑え気味に走る。

11kmで折り返しても大きな疲れはない。ただ、蹴る走りを多少意識しているせいかおしりに疲労感が出て来る。

前回の30km走の時には15kmで「やっと半分か」とため息をついたが今回はまだまだ余裕がある。よっしゃ42km走ったろか、などと考えて始めた。

わしの通る土手で中学生だろうか、陸上部で短距離の練習をしている。わしが通ると「ファイトです」とかわいいことを言ってくれる。

22kmでスタート地点に戻り折り返し。ここからしばらくは元気だったがラップは徐々に落ちてくる。26kmで再度折り返してから猛烈に水が欲しくなる。乾燥しているせいだろうか、喉が渇く。

河畔には水道がないのでこの季節は無補給で走っている。通常はあまり問題がないが、今日はきつかった。つばを飲み込んで水の代わりとする。

それと共に失速していく。最後にはEペースまで落ちてしまった。もちろん42kmも走れるはずはない。勝田マラソン前なのでデータをアップロードしておく。

f:id:TakaQ:20170107193145p:plain

調子が良かっただけに最後の失速は大きな不安をもたらした。大丈夫だろうか?今日の感じだとあと9kmはかなり厳しいと思う。

帰宅後、ハニーアクションがあることを思いだして飲む。それから風呂を沸かして麦茶を持ち込みゆっくり入る。幸福なひとときだ。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain