読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京マラソン備忘録 - その1

・結果 3:40:51(ネット)

・服装等

オレンジの安物Tシャツ、ナンバーの一番短い短パン、CWXパンツ、ザムストふくらはぎ、アームウォーマー、レーシングランプロソックス(青、新品)、CWX帽子、ガーミン時計、靴はタクミレン(ブースト化してない昔のもの)

・持ち物

アミノバイタルの赤を2つ。初めて携帯を持って走る。

・終了後のダメージ

右のハムストリングが走っている最中からかなり危ない感じであり今も筋肉痛。また右足の裏が痛い。

左の人差し指の先端から爪の中にかけて内出血、これは数ヶ月後に爪がはがれる可能性あり。右親指の爪も紫になって痛い。こちらは爪の変形だけではがれはしないと思う。右親指付け根の下側に巨大な血豆。

以上のようにかなりのダメージを受ける。爪内出血や血豆には以下の原因がある。

当初は今年の3つのレースで使用したマナを履く予定であったが、家を出る直前にとっさにタクミレン( 昨年の古河で自己ベストを出したもの。そのままじっと寝かしてあった)も持って出かけた。当日の朝、悩みつつも自己ベストを出した靴に賭けることにした。タクミレンは親指付け根の上の部分が擦れて痛くなった記憶があるので靴のひもは若干緩めに結んだ。しかも靴下は一度も履いていない新品を使用(古いのも持って行ったのだが)。

これら全ての選択が間違っていた。

東京ど真ん中のアスファルトは固くて、健康サンダルのぶつぶつみたいなところが多かった。足に悪いなーと感じた。こんなの初めてかも。明らかにマナの方が合っている。靴下も新品なのでゴムの摩擦が強くてすべらないのは良いのだが、その分、足の皮がすべって擦れて大きな血豆が出来たと思われる。もう少しきつめにひもを結べば多少はましだったかも。足への負担が大きいと感じた。

・体重 59.70kg (前日) 

前日まで:土曜日は出勤なので代休を取り金曜日にビッグサイトまでエントリーしに行く。外国人の姿が目立つ。エントリーの際、右手にバンドをはめられる。これは走り終えるまで外せないとのこと。エントリーはすぐに終わるが、出口から自然に東京マラソンEXPOに導かれ、いろいろなものをもらうが何も買わない。

土曜日の出勤があるのであまりゆっくりしている気分ではなくそそくさと帰宅。

土曜日は監督業務。16時30分に解散となり、急いでお茶の水のホテルに向かう。たかどんは既に到着している。晩飯は軽くうどんを食い、コンビニでおむすびを1つ買ってホテルで食う。

当日朝:5時起床。まずトイレで大を気張る。あまり出ず。シャワーを浴びて着替えを済ます。

ホテルの朝食、通常は7:00だがこの週末は6:30からとのこと。ランナーのためだと解釈するがそれならばもう少し早くして欲しい。5分前に食堂前にスタンバイする。ところがびっくり、いるのは大勢の受験生。そういえばここらには大学が多い。スポーツウエアなんてふざけた格好しているのはわしだけ。朝食時間を早めたのはランナーのためではなく受験生のためであった。開店と同時にバイキング形式の沢山のおかずは無視して白飯を2杯、味噌汁、納豆、卵焼きだけを大急ぎで食う。

となりの受験生がその隣の年寄りに話しかけられてまじめに受け答えしている。山梨から東大を受けに来たそうだ。わしにもこんな初々しい時期があったなぁとしみじみと思い出す。受験は青春時代の大きなイベントの1つであったので、この受験生に若かりし頃の自分の姿を重ねてしまう。幸運を祈る。

部屋に戻って再び大、ある程度出て一安心。

靴は思い切ってタクミレンを選択。しかし、これは家を出た時点でもう決めていたのだな、今から思えば。

7時にホテルを出て新宿へ。たかどんも着いてきてくれる。駅からはぞろぞろと大勢の人に交じって第4ゲートへ向かう。けっこう遠いな。

会場ではまずリストバンドに機械を当てて本人確認し、すぐに荷物を預けることになる。ここでたかどんとはお別れ。上下に羽織ったウエアを脱いでビニール袋に入れて預ける。袋は小さめなので苦労してバッグを入れている人もいた。

給食があったので、バナナとポカリスエットのジェルと顆粒状のアミノ酸をゲットしてお腹に入れる。

それからすぐにトイレに並ぶが、かなりの時間を取られる。早めに行動していて良かった、全く焦ることはない。

すっきりしてからCブロックへ向かう。ただ、全体的に広すぎてなかなか場所が分からない。スタッフに聞いたりしながらお目当てのCブロックへ。各ブロックへ入る際にはスタッフがゼッケンを確認しているが、これは良いことだと思う。

ここで待つ間は寒くて困った。ビルの谷間で日が当たらず冷たいビル風が吹き付ける。前の人もぶるぶる震えていた。ビニールをかぶっている人も多い。 

 (マラソン前後に2日も休んだので忙しくてゆっくり書いてる暇無し。後日へと続く)

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain