読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eペース走10km・悩む日々

10km 56:34

月曜日:チャリで出勤後、終日横道プロジェクトで悩む。

分かりそうで分からない、出来そうで出来ないを引きずるとなかなか走る気も起きない。走るつもりだったのだが、休んでしまう。

火曜日:雨の予報なので車で出勤。

相変わらず悩む。かなり分かってきたつもりだが、何か新しいものがあるのかよく分からない。

帰りにはかなり雨が強く降っていた。

水曜日:たかどんが出張なのでわしもついでに早く起きる。4時20分。

そうすると必然的にいつもより早く出勤。

午前中は悩みに悩む。午後は15:00よりお客さんのセミナー。興味深い話を聞く。夜はお客さんと飲みに行くつもりだったのだが、飲まないそうなのでわしは帰って走ることにした。

湖畔へ出向く。まだ桜が満開状態でライトアップをしているので、大勢の人々が訪れている。少々走りにくいのだが。

困ったことに時計が電波を受信しない。全くする気配すらない。いつもの10kmコースなので時間だけを計ることにする。

2日休んだので足は軽い。少し速いEペースで走ることにする。今日はマナを履いてフォアフット着地を意識しながら走る。左膝が未だに違和感があるので、出来るだけ速く直したい。「ランニングする前に・・・」にも膝のためにはフォアフット着地を勧めている。

終盤にわしの直前を同じような速度で走る女子高生のチャリがいたので、このチャリのようななめらかな走りを意識して走る。同じ速度でもチャリだと全く疲れない。ランニングもできる限りなめらかに走れば、少しは楽になるはずである。

最後の最後に走っていた小学生を追い越すと、頑張って着いてくる。「速いなー」というと「へへへ」「走るの得意?」「そうでも無いです」「何年生?」「4年生です」しばらく会話を楽しむ。非常に礼儀正しい小学生であった。しばらくするとしんどくなってきたのか「さようなら」。わしも「さようなら」と言って分かれた。

走ると気持ちが良い。悩んでいるときこそ走った方が良いのかも。でも、本当は問題が解決してすっきりした気分で走りたいものだ。

ともかく明日も走ろうと思う。

f:id:TakaQ:20170404202734g:plain