ベッドから落ちて腰を強打・今季レースは絶望的

火曜日:61.40kg

午前中に過年度生の卒研発表。午後は、補講を2コマ続きで。

それぞれ先日の試験の答案を返却して、問題解説を行った。

その夜のこと、トイレに起きて戻ってきてベッドに横たわろうとしたとき。いつもは掛け布団をまくり上げて起きて、その空いたスペースに戻る。ところが、昨夜は掛け布団がぐちゃぐちゃになっていて、場所がよく分からない。そこで、いつもとは違ったベッド脇から布団に潜り込もうとしたとき、想定してたベッドの位置と実際のベッドの位置が違ったようで、身体半分しかベッドに乗らず転げ落ちて腰を強打する。

一瞬何が起こったのか理解できず。

腰というか背中というか、左側を打ったようで大変痛い。残っていた湿布で応急処置をして寝ようとするが、目が覚めてしまった。しかも寝返りを打とうとすると痛い。

朝起きたら痛くて起きれないかも、と心配になる。

水曜日:61.70kg

朝起きても、大きくは悪化していなくてほっとする。見た目も色が変わっていないから骨折等ではないだろう。ただ、少し腰を捻ったりするだけでピキッとくる。正直、歩いても痛い。顔を洗うときには腰を曲げずにスクワットする。靴下を履くのにも難儀する。

チャリは何とか乗れる。ただ、停止したのちに走り出そうとペダルを踏むときが痛い。

大学では気を取り直して卒研課題を考える。8時に整形外科まで診察券を出しに行って一旦戻って研究の続き、そして11時前に整形外科を再訪する。

何度もお世話になっている女医さんには「一体どうしてベッドから落ちるの」と呆れられる。レントゲン等では背骨には支障なし。ただ、その脇の骨には多少のひびが入っているかも、とのこと。

「いつから走れますか」と尋ねると「あなたね、云々」と説教が始まる。この先生、(フルマラソンのような)ランニングにはかなり否定的でいつも怒られる。

理想を言えば2ヶ月は走らない方が良いとのこと。ここまで長引くとは思わないが、しばらくは走りたくても痛くて走れないだろう。

ようやくぶつぶつも完治に近づき、ロング走も継続して30kmなんとか走れるようになった。かすみがうらマラソンに間に合うか、と思い始めた矢先の出来事。

単なるちょっとした不注意、しかし、これで今季のマラソン大会参加は絶望的となった。これは、研究の方を頑張れ、との啓示か。

午後は卒研。模型の面白いところを説明する。頑張って調べてみてな。

腰が痛いと行動がいちいち緩慢になる。冴えない1日であった。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain

Eペース走10km・いよいよ研究は佳境へと

10.04km 1:03:11 (6:17)

先日の30km走後、大量の水を飲んだので、夜は何度もトイレに起きる。しかし、12時間くらい良く眠る事が出来た。

午前中は溜まったドラマを見たのち、少し仕事、特に卒研に関して。更に面白いことを発見して喜ぶ。もう少しでなかなか良い研究になる予感。

午後、たかどんはヨガに、わしは久しぶりに大掃除。2時間かけた掃除で家中きれいになって嬉しい。

その後は、河畔に走りに出かける。小雪が舞って寒いが、疲労回復と共に、昨日とあわせた練習の一環で10kmとする。

Eペースで良い。走り始めるとやはり先日のロング走で足は重い。ただ、どのようなフォームが良いかを考えながら走る。やはり、状態を少し起こし気味で走るのが足には良いと思う。腰に負担がかかるのだが。

前半は抑えめに、後半は少しあげようかな、と思ったが、後半は気持ちよくて眠くなってくる。疲労回復の目的のためにも良いと考え、そのままゆっくりと走る。

最後に流しを3本。結構本気で走る。

帰宅後はゆっくりと風呂に浸かる。ここでも眠くなる。相当長い時間、風呂に浸かっていた。

明日からいろいろあるが、研究、特に卒研に目処を付けたい(学生的には問題ないのだが、本当の意味で面白い研究にしたい)。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain

ビルドアップ的にサブ4ペース走30km・面白いことが分かりつつある

30.05km 2:47:47 (5:35)

金曜日:61.05kg

終日研究。卒研の課題で面白いことが分かってきた。論文を書いても良いかもと思い始める。

晩酌はたかどんが新潟出張で買ってきてくれた日本酒。

土曜日:61.90kg

かなりの雪との予報だったので、午前中は早めにしげるさんのお見舞いと、買い物へ。買い物中に雪が激しくなってきたので急いで帰宅する。わしの車はFRの上タイヤはノーマルなので、雪が積もると走行不能になる。

ところが、午後になってもいまいち雪は激しくは降らない。走ろうと思えば走れる。しかし、雪のちらついている景色が走る気を削ぐ。

結局は最初の予定通り休足する。午後は少し研究の続きを行う。なかなか面白いことを発見したかも知れない。

今日も新潟の日本酒。

日曜日:62.30kg

午前中は溜まったドラマを見たりして過ごす。昼には吉野家の牛丼を引き替え(先週のスーパーフライデー分)に行って、家でたかどんと食う。初めに褒美を食ってしまうと、あとは義務を果たさなければならない。気が重い。

意を決して14:30にたかどんと湖畔へ走りに出かける。ただし、たかどんは1周のみ。

本日はどうしても失速したくないので、慎重に走り始める。3周9kmごとに無理ない程度にビルドアップすることにする。

最初の3周はEペースで。5:45-50を予定。今日はきちんとラップを確認しながら走る。このペースで始めると21km過ぎにどのような影響が出るかを知りたい。

9kmでの平均ラップが5:43であった。ほぼ予定通り。かなりゆったりと走れ余裕はあるので、少しだけあげて次の3周は5:35-40を目標とする。ところが遅い走りに慣れてしまうと、直ぐには上がらない。10kmのラップが5:45で驚き、これではいかんと頑張ってみる。11kmのラップは5:32。こんな感じでしばらくは上がったり下がったりを繰り返すものの次第に安定してくる。

18kmでの平均ラップは5:39であった。これもほぼ予定通りか。そこで、次の3周はもう少し頑張って5:30を切るくらいとする。

もちろん楽では無いが、先週に比べたらはるかに状態は良い。26,27kmのラップは5:32となってしまったが、基本5:20台で走ることが出来た。27kmでの平均ラップは5:35であった。

最後の1周は、頑張ってみるが5:25-5:37-5:32でいまいちであった。さすがに30kmを走ると疲れる。

今日もアップルウォッチは先週と同じ。24km程度までで200m近く距離を短く計測するが、その後は急速に長くなっていって、ガーミンの30kmがアップルウォッチでは29kmで1kmの誤差が出た。

アップルウォッチが使えるのはハーフまでか。

今日のペースは先週と真逆。どうせなら、今日の方が気分も良い。ロング走は今日のようにEペースから始めてビルドアップ的に走ろうと思う。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain

 

平日雛形走10km・試験と採点が終了

10.04km  57:45 (5:45)

水曜日:61.70kg

昨夜は熟睡。やはり無理のない練習は身体に良い。

早朝から少し卒研課題を考えて、午前中は卒研。なかなか良い具合に進んだ。

卒研の終了が、丁度昼飯の時間に入ってしまった。生協は激混みなので、いつも出張販売している弁当を買いに行くと、試験期間中は販売しないとのこと。外は冷たい雨で出歩くのは億劫であるが、腹は減った。しかも今日は病院の日なので、3:30には出ないと行けない。

日頃からパックに玄米を持参して生協でおかずと共に昼食を取っているので、本日も米だけはある。

そこで、おかず無しで、塩気も全くないご飯だけを食う。腹は一杯になるが食った気はせず。だが、これで良しとする。初めての経験だ。

これからせめてごま塩くらいは部屋に置いておこう。

先日の藤原正彦氏の本を読んで、プリンキピアが読みたくなってアマゾンで検索すると、何と800円でkindle版が手に入ることが分かった。本日の病院の待ち時間に読むために即購入。何と便利な世の中だろう。800円で瞬時にプリンキピアが手に入る!

時間になったので、病院に行く。待合室では携帯でプリンキピアを読む。ほー、やはり最初に3法則が提示してある。ちょっと分かりにくい英語も指先で検索できる。信じられない便利さ。

直ぐに診察の時間となる。ぶつぶつもほぼ良くなったので、今回で一応の診察終了とする。再発しないことを切に願う。

帰宅後、晩飯。昼飯の物足りなさも手伝って、夕食は爆食い。腹一杯飲んで食う。

木曜日:62.00kg(思ったより増えていなくてほっとする) 

今日は最後の試験。朝から問題を少し見直したりする。

2コマ目に試験。開始早々に質問を受けて、よく考えると設定が少々難しすぎて試験問題としてはあまり適当でない事が分かる。そこで、最初の設問の答えを提示する。少々情けない。

他の問題も難しかったようで、ヒントを請われると黒板に書く、を繰り返していくと、黒板がヒントで一杯になる。

昼飯は、先週のスーパーフライデーで(たかどんが)ゲットした引き替え券をもって吉野家へ。弁当をもって直ぐに学校に帰って会議。これが結構長くて空腹を抑えるのに難儀する(普通の弁当なら会議中に食うが、牛丼はさすがに憚られる)。

会議後、牛丼を堪能する。

それから一気に採点し終了。少々出来が心配だったが、さすがにヒントを沢山出したので、まあまあの出来である。

少し研究上のことを考えてから、帰宅。直ぐに湖畔に走りに出かける。たかどんも一緒。

本日も雛形走を実施。6:00で5km、そこから1kmかけて丁度良いペースまで上げると5:26、それを維持して2km、5:28-5:28、最後は適度に頑張って5:10であった。ラップは後からのデータで、走っている最中は全て感覚に頼る。

やはり、これくらいが丁度良い。

さて、明日は研究三昧の日。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain 

ビルドアップ気味走10km・最近の失速を分析

10.03km 57:56 (5:47)

月曜日:61.85kg

午前中は少し仕事をして、午後は試験。終了後に一気に50名分の採点を済ませる。

問題はかなり簡単にしたし、試験中にヒントも出した。ところが数名の成績不振者。試験後に救済はしないから日頃のレポートを提出するように(これを救済に充てる)、と言ってあるのだが、レポートは全くの不提出で試験の点数も悪いのが数名。

いつもいつも悩ましい。単位なんてあげたいのだが。

晩飯は牡蠣のオリーブ焼きに、マッシュルームのアヒージョ、人参のレモン和えとワインのつまみばかり。ついつい飲んで食い過ぎてしまう。

就寝中。良くは憶えていないが、学生が夢にまで出てきたのは、単位で悩んでいるせいだな。

火曜日:62.35kg(下がりきらない)

何故か4時に目覚ましが鳴ったと勘違いし、一生懸命に脳を覚醒し目を覚ましてiPadを見ると4時でびっくりする。直ぐに寝て(といっても眠れないが)5時に起床。

終日、研究。夕方はもう疲れて脳が働かないので、新学期の大学院の講義の構想を練る。

帰宅後は、嫌々走りに出かける。湖畔。

最近の失速の原因を考えてみる。昨年末から徐々にロング走を入れて復調しつつあると勘違いしていたようだ。今のわしはせいぜいサブ4維持が良いところ。だから、5:40がMペース走のはず。だから、ロング走は5:50-45程度から始めるべきだと思う。

ロング走はなるべく早く終えたいので、ついつい急ぎ働きをしてしまう。

しかも、身体を起こし気味に走るフォームに変えたので、腰への負担はやはり大きくて、当初のように筋肉痛はないが、腰を捻るとぴりっと痛むことがある(ので普段の行動には気を付けている)。その分、足への負担は軽くなったと思う。

ともかく、身の丈に合った練習をすべきだ。本日から練習を見直して無理のないものに変更する。

平日練習。まずはEペース6:00から入る。これで5km走ってから、ゆっくりと1kmかけてMペース5:40まであげて、その後は5:35程度で2km走る。今日は最後に無理のない範囲で無理をしてTペースもどきの5:18。最後に1kmダウンジョグ。

このくらいが身体への負担的にも丁度良い。これを平日練習の雛形とする。

そして週末のロング走は無理ないEペースから仕切り直しだ。今のままではともて42kmを走りきる自信が無い。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain

 

Eぺース走10km・ゆっくりと過ごす

10.06km 58:37 (5:50)

昨夜、何度か目が覚めたが、まあ、よく眠れたと思う。

午前中は、しげるさんのお見舞い、買い物等。昼が少し遅くなったので、昼飯はカップ焼きそばで済ませてしまった。

それから、試験問題の改訂を行い仕上げる。ちょっと簡単すぎるか?しかし、いつも簡単過ぎるかと悩んでも採点終わると、もっと簡単にしとけば良かった後悔するのでこのくらいで丁度良いかな、と思うことにする。

16時から河畔へ走りに出かける。

足は重いのでEペース走で十分。しかし、5kmで折り返すとどんどんとペースが落ちてくるので、これはいかんと1kmごとに,少しペースを上げる。5:30と5:23であった。今日はこれが限界。最後は流しを3本入れる。

さて、あすからまた新しいテーマとの戦いだな。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain

大失速しつつも今季初の30km走・ついに論文再投稿する

30.01km 2:57:05 (5:54)

月曜日:61.95 kg

最後の授業。この授業は来年度の担当が変わるので、本当に最後だ。授業を挟んで終日、来週の試験問題を作成する。理解していれば簡単だが、そうで無ければ難しい。そういう問題を目指す。ほぼ出来上がる。

火曜日:62.40 kg

終日研究。新しいプロジェクトを考えつつ、午後は論文改訂、レフェリーへの返事。

水曜日:62.30 kg

今日は午後にお客さんが来てセミナーをしてもらう。そのため少し彼の論文を読んで予習。実は少し暖めているアイディアがあるので、それが実現可能かどうかを探るために呼んだ。セミナーは非常に面白かった。

飲みに行くというので、学生と一緒にワインを飲みに行く。

木曜日:61.25 kg

昨夜はあまり食べずに飲んだので体重がかなり減った。本日も今季最後の授業、月曜と違って来年も担当するが。やはり授業を挟んで試験問題を練りに練って作成。教育的な問題が出来る。

我々が学生だった昔と違って今は意地悪な問題は出さない。公式集までわざわざ添付する丁寧さ。暗記しなくても理解していれば解けるようにとの配慮である。

金曜日:61.85 kg

いよいよ論文とレフェリーへの返事の最後の仕上げにかかる。午前中でほぼ終了し、午後にもう一度確認してから再々投稿完了。肩の荷が降りた。10月1日にレフェリーコメントが返ってきたので、ほぼ4ヶ月かかった。ここまで時間をかけたのは初めてである。あの頃は体調が悪くて、論文どころではなかった。それで一旦放置すると、放置癖がついてしまった。もっとも、コメントもかなりきつかったので論文を大幅改訂をしたのもあるが。

土曜日:61.65 kg

今日は30km走を行う予定なので、朝から気が重い。午前中はゆっくりして、昼飯にチキンラーメンを食う。普段はインスタントラーメン、何気なしに食っているが、最初に考えだした発明者の苦労を偲んで味わう。

14:30から走りに出かける。今日は日も強くて気温が高そうなので湖畔にする。給水が必要だろう。

1週間空けてしまったので、出だしは順調。5:20台で走る。久しぶりの30km走なので、フラットな湖畔短距離コースを選択する。30kmを達成したら褒美として、昨日もらった牛丼のただ券を使うことを自分に許そうと決める。

しかし10km超えると徐々に失速してくる。15kmで一旦給水。その後はほぼEペース。中には6:00近いラップも混じるように。

それでも前半の蓄えで21kmまでは平均5:41であった。

21kmからの失速がひどい。21kmの給水ののち100m位はついに歩く。あとは1周ごとに歩こうと決める。こんなんで効果はあるのかな、まあ、少なくとも体重を減らす効果はあるだろう、と自問自答をしながら走る。

もう6:00を超えている。1周を走ってまだ大丈夫そうなので頑張って、歩くという快感は30kmまで取っておこうと決める。

そうそう、湖畔はアップルウォッチの距離が短めに出る。24kmでガーミンと比べて約300mの誤差が出た。しかし、25kmを過ぎると今度は急速に長めに出るのだ。確か25kmで逆転して、28kmでは150m長くなる。そして、29kmではついに何も言わなくなった。見てみるとバッテリー切れのようだ。

ついに30km!最後のラップは後から見たら7:00を超えていた。疲労困憊。終わって歩くが、疲労でまっすぐに歩けない。力なくよたよたと家まで歩く。

たかどんは、この週末出張でわし一人。帰宅し風呂を付けたら、塩を吹いた顔のまま駅の吉野屋まで牛丼を引き替えにいく。

急いで帰って風呂に浸かる。いやー気持ちが良い。しかし腹も減る。気持ちよくてうとうとして出たくないが、一方で胃が絞られるように腹が減る。しばしの葛藤ののち出て、ようやく晩飯にありつく。

昼のチキンラーメンだけで30km走ったのでエネルギーは完全に枯渇している。そこに牛丼!五臓六腑にしみ渡る。

f:id:TakaQ:20180811201250g:plain