Eペース走15km・論文の最終段階へ

15.01 km 1:26:59 (5:48)

木曜日:チャリで出勤。

新しいプロジェクトを具体的に開始する。一見うまくいくのだが、その後詳細に調べるといろいろと問題が出て来る。まあ、じっくりと行こう。

昨日のロング走で右足まで痛くなってきた。休足する。

金曜日:朝起きると右足がかなり痛くなっていた。歩くのにも支障がある感じ。雨の予報なので車で出勤。(だが、結局降らず)

昨日に続き新しいトピックに没頭。

夕方頃に、少し前に共同研究者に預けた論文草稿が帰ってきたので、まずはこちらを片付けなければならない。

足がかなり痛いので休足して、半額総菜で飲む。

土曜日:朝から論文執筆。昼前にたかどんと買い物に。帰宅後、お好み焼きの昼食。再び論文執筆を続けるが、湿度も高いし眠いしで今一集中できず。

雨も止んできたので14:30過ぎには河畔に走りに出かけた。前回のロング走で右足が痛くなってしまったので10km程度をゆっくりと走る予定だったが、走ってみると大丈夫。全く問題なし。そこでEペース走20kmを行うことにした。

往路6kmを折り返す頃に、遠くの方で雷鳴が聞こえ始める。あまり気にせずに走っていると徐々に大きく。東の空は明るいのだが12kmで1往復し折り返すと、西の空は真っ暗。その真っ黒な雲の中に稲妻が走り思わず身もすくむ。

行けるとこまで行こうと思うが1kmくらいが限界。怖くて引き返す。

せめて15kmと思って再び黒い雲に突っ込むが500mが限界。

引き返して何とか15kmはクリアする。

帰宅してから、外を見ると滝雨。なんとか間に合ったようだ。

晩飯はたかどん作成の餃子と、わしが作ったイタリアンサラダ。赤でじっくりと堪能。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

 

Eペース走20km・NBのシューズを買う

20km位, 約2時間

(途中で電池切れ, 計測できたのは) 17.27 km 1:41:26 (5:52)まで

火曜日:たかどんの用事につきあう。

夕方に近所のスポーツ用品店でNBのシューズを買う。NBは全く考えたことがなかったが、先日店のおっさんに勧められた。MHANZTW1 Dと書いてある。Dは靴の幅で細いタイプだ。わしは足幅が狭いせいかアシックスは合わないし、最近のアディダスも合わなくなってきて困っていた。履いてみるとなかなか良い。7000円也で購入即決。

雨で残念ながら休足。

水曜日:たかどんは友人との会食に出かけたので、わしは午前中に書類書き。昼飯食って再び書類書き。

夕方、雨も止んできたので河畔へ走りに。出かけようと思ったら時計の充電を忘れていた。41%充電してから家を出る。

本日は少々足は重め。購入したNBはソールが柔らかすぎる気もする。しかし、悪くはない。練習用に履こうと思う。

4kmはサブ4ペースで進むがそれ以降は失速する。失速したのでついでにロング走へと変更する。連休も今日で最後だし。

10kmも走ると腹が減ってくる。Eペースでもかなり辛い。途中で止まろうかとも思うが何とか踏ん張る。そのうちまめができ始めて痛い。初めての靴でロング走はまずかったかと思い始めた。靴紐も初めてで多少緩かったようで爪にも違和感が出て来る。

もっとまずいことに16km程度で時計の電池が切れそうになる。何度か警告が出る。あと3kmほど持ってくれと願うが、その願いも空しく17kmを過ぎたら完全に切れてしまった。

しかし、20km最後まで走りきる。

久しぶりにロング走のつらさを思い出した。今のままではフルマラソンは無理だな。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

Eペース走12km・ダラダラ過ごす

12.65 km 1:13:48 (5:50)

○左足の裏を触ってみると少し変だ。骨が出っぱっている感じがする。

朝から1日中ダラダラ。夕方ようやく河畔に走りに出かける。

今日はEペースとしよう。

走り始めると、比較的足の状態は良い。しかし、疲労回復を図るためEペース以上には上げまい。霧雨が降ってくるがかえって冷えて良い感じだ。

基本的に5:50-55程度で推移する。昨日と比べて僅か10-15秒程度の差なのだが、随分楽に感じる。やはり、わしにとってはサブ4ペースが丁度良いところなのだと思う。

10kmで足の裏がピキッピキッと痛むが結局12km走る。

最後の1kmで持続可能なマラソンペースと思われる速さで走ってみる。なんとか5:20であった。恐らくこれが今のMペースであろう。納得できる。

さて、明日はどうしようか。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

サブ4ペース走・今日も書類書き

15.16 km 1:25:43 (5:39)

土曜日:墓参りへ。広大な霊園なのだが、様々なお墓があって興味深い。草がボーボー・木もボーボーで墓石が全く見えないお墓もかなりの数ある。お墓も維持するのが大変な世になってきた。帰宅するともう18時30分。休足して飲む。

日曜日:午前中は書類書き。昼から録画ドラマを見ながら昼寝。再び書類を書いて16時30分過ぎに河畔へ走りに出かける。

今日は距離を少し伸ばそう。走り始めて3kmでサブ4程度だったので、少し速めのEペース、可能ならばサブ4ペースで15kmを目指す。

行きは追い風だが暑い。折り返すと向かい風で気持ちが良いが、徐々にラップが落ちていく。雲も出てきて風もひんやりしてくると少しは楽になってくる。最後は集中して走って終了。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

Tぺース走を含むEペース走全12km・書類書き

12.01 km 1:06:47 (5:34)

木曜日:試験答案を返却しつつ、口頭試問を同時進行。成績不振でもやる気があれば良い、頑張れ。

新しいプロジェクトも本格始動。ノートを取りつつ熟考。

休日前の休足、飲む。

金曜日:ダラダラしつつ、半分くらい書類書き。この盆休み中に完成させなければならない。

はっと気がつくと、16時半を過ぎたので急いで河畔に走りに出かける。急だったのでいまいち体が着いていかない。

始めはEペース走で走るが、何となく物足りない。そこでTペース走を4km入れることに。3kmのEペース走の後、Tペースに移行。

5:07 余裕があるな、と思ったらやはり遅い。まあ、こんなもんかのぅ。前半はこのままで後半の2kmで頑張ろうと思う。

5:05 最近Tペース走で失速しているのでなんか怖くてこれ以上上げられない。

4:58 さて、ここからが頑張りどころ。多少のペースアップを試みる。それが何とか反映されていて少しほっとする。

4:46 折り返すと向かい風、でも最後、頑張ってみよう。5分を切れば合格と思う。結果にはほっとする。

それから後はEペース走。だが、最後の最後で左足の裏が痛む。最後に痛むのは精神的なもんだろうか。

明日は出かける用事。間に時間があれば書類書き。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

 

 

サブ4ペース走10km・採点も終了

10.09 km 56:57 (5:39)

○左足の裏の調子が悪い。違和感大。

月から火曜日:採点も終了し、答案返却を兼ねて成績不振者にはレポートを課す。更なる不振者にはレポート+口頭試問も課す。20点を60点に引き上げるのだからそれ相応の努力をしてもらわなければならない。

少々忙しく天気も台風の影響でいまいち、走る気も起きず。

水曜日:試験期間も終了しキャンパスも静かになってくる。学生が答案を受け取りに今日もちらほらと来る。

朝にはI氏からメールが来たので、午前中いっぱいでノートを作ってtexで清書をして送る。研究分野が微妙に異なるのでお互いになかなか通じないところがあるが、脳の違うところが刺激される感じでそれもまた楽しい。午後はまず短い会議。それが終わった後は前回の研究の続きで新しい系に拡張することを考えて楽しむ。

帰宅後、湖畔に走りに出かける。昼間は暑かったが日も落ちると大分涼しい。

最近あまり距離を走っていないので、走り始めは足が軽くて調子が良いが直ぐに疲れてくる。サブ4程度でペース走をする。2周目で左足の裏が痛くなってきたので、止めようかどうか迷ったが、だましだまし走って予定通り10kmで終了。

10km程度なら良いが、これを超えると足の裏は厳しいか。なかなか良くなく兆しが見えない。帰宅後は念入りにアイシングをする。

さて、明日は何とか新しいプロジェクトを軌道に乗せたい。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain

サブ4ペース走10km・書類書きに忙殺される

10.01 km 56:01 (5:36)

○左足の裏が少々まずい。

久しぶりのランとなってしまった。

この1週間なかなか忙しかった。研究はほぼ0で様々な書類書きに忙殺される。

それ以上に、左足の裏が痛くなった。歩いても痛いので(これはチャンスと思って)休足してしまった。

日曜日、久しぶりに走る。さすがに足は軽い。しかし、夕方にもかかわらず暑い。特に往路は追い風でほとんど無風状態、かすみがうらマラソンの黒いTシャツを着てきたら、体からの熱気がムンムンと上がってくるのが分かる。ただ、暑いが追い風はやはり楽。

復路は向かい風で涼しくて気持ちが良いが、徐々にしんどくなる。

滝汗で終了。

さて、明日に採点終えて成績をつけたい。更に論文のラストスパート。

盆休みには秋に向けて多めに走り込む予定。

f:id:TakaQ:20170622205205g:plain