読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなぎのEペース走・パラグライダーの離陸を見る

10.15 km 57:46 (5:42)

○特に問題なし

金曜日:朝にたかどんの科研費書類を整理する。それからずっと、先日の共同研究者からのメールに関するプロジェクトに関してノートを作る。

夜は学生のイベントの懇親会に参加。

そんなことで休足。

土曜日:朝は遅く起きる。たかどんの科研費に火が付いた状態なので、少し作業をしてわしひとりで買い物に行く。

店舗を移転したワイン屋に久しぶりに行く。そこでしばらくマラソン談義。それからいつのも農家に行って野菜等を仕入れる。ここでもしばらくマラソン談義。やっと買い物。

帰宅するともう12時半。腹が減り素麺を食う。少し寝てから、ぶり大根を作る。

15:30に河畔に走りに出かける。本当は今日ロング走を行って、明日をつなぎにしたいのだが、たかどんの科研費書類があるので本日つなぎで明日ポイント練習。

ゆっくりと走り始める。それでも時計を見ると5:40-5:30程度だ。かなり楽に感じるようになってきた。水戸マラソンのお陰だろう。

8kmまで行ったとき、河川敷で扇風機の化け物を背負ったパラグライダーがまさに離陸しようとしているのに遭遇。しばしば飛んでるのを見るおっさんだ。一体どうやって離陸するのだろうと思っていたので、時計を一旦止めて立ち止まって見物する。

まず、念入りに扇風機のエンジンをチェックする。それから、パラグライダーを丁寧に広げておいて、ひもを伸ばしておく。そこにスタンバイしてひもを引っ張って走るとパラグライダーがふわりと浮く。そしてエンジンを全開して飛ぶ。

第1回は失敗。風の向きが悪かったようだ。少し別の場所に再セッティングし、今度は成功。拍手で送り出すと手を振って応えてくれた。

今日の夕日はさぞかしきれいだろう。空高く飛んでいった。

10分位経っただろうか。わしも走り出す。

明日は20kmのペース走を行いたい。そこで、どの程度なら20km走れそうかをみるために最後に少し頑張ってみると5:13であった。

明日は5:15を目処に走ろうと思う。

f:id:TakaQ:20161031202012g:plain