読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eぺース走・異常なバタフライ

10.01 km 57:34 (5:45) 

水曜日:朝起きると思ったより足は大丈夫か。少しずつでも戻りつつあると嬉しいが。体重は一気に1.4kg落ちて59kg台に。しかし、走らないとまたすぐに60kg台に戻るであろう。このような乱高下は良くないな。

雨模様なので車で出勤。最近はあれこれとテーマを想像しているだけなので、ここら辺でしっかりと形にしていかないといけない。少し前のテーマをきちんと手で計算しながら詰めていくことにする。これで午前中は終了。

午後は会議。13時から16時過ぎまで3つ。時間の無駄だ。他の学部の誰それが休職したとかいらんやろ、そんな情報は。

会議中に十分に睡眠時間は取ったが疲れてしまった。同僚F氏と研究に関する議論。

帰って走ろうと思って外に出ると、雨が降っている。雨を理由に罪悪感を持ちつつも休足してしまう。意思が弱いな。

木曜日:朝、論文の校正が来る。しかし、昨日のF氏との議論に触発されて考えていると、ある模型ではかなり異常なことが起こっているのが分かる。それで、自分でもその異常な現象の図を再現したくなりバタフライの計算をする。確かに異常が起こっていることが分かる。多分、誰も言っていないことだ。

午後は授業。何人かは積極的に黒板で計算してくれるが、大半はだんまりで無反応。分かっているのか分かっていないのかが分からない。

かなり疲れて、授業後に少し居眠りしてしまう。それからF氏に異常性を指摘し少し議論を行う。

本日は雨の予報だったが、かろうじて降っていない。そこで帰ってから走ることにする。一刻も早く帰って食いたいので、帰宅後直ぐに河畔へ。時計も見ずにいい加減に走る。最後に流しを3本。

イチローも頑張った。わしも頑張ろうと思う。人生50を過ぎてから始まる。わしもまだまだ進化したるで。

f:id:TakaQ:20160514204003g:plain