読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eぺース走・雨に降られる

15.79 km 1:33:25 (5:55)
金曜日:4時に起きてしまう。6時前には研究室。

横道プロジェクトにすっかりはまる。悩んで計算して考える。

2コマ目は授業。ところが授業前に閃く。間違いない。

授業後、弁当を買って食いながら確認を始める。うまくいきそうだったのだが・・・。甘くはなかった。

午後。再び悩む。早起きしたので眠い。時々居眠りしながら考える。

再び閃く。積分出来ないので数値計算してみると予想が当たっているようだ。極限の取り方の問題で、積分と極限の順番が重要である。

たかどんが帰宅していた。お土産の燻製でゆっくりと飲む。

土曜日:夜は眠りが浅かった。ブレークスルー的なアイディアに少々興奮していたようだ。

本日、たかどんは出勤。

わしは午前中少し仕事をした後、買い物へ。ところがクレジットカードが使えずに難儀する。帰宅が遅くなってしまったので昼飯はカップ麺で済ませる。

たかどんの帰宅にあわせて駅に出かけ買い物。雲行きが怪しくなってきたので急いで走りに出かける。本日は河畔。

異様に空気が暖かい。今日こそはゆっくりとEペース走を行おう。河畔にはおっさんもいないしな。いや、一人いた、わしじゃ。

走っているとぽつぽつと来た。5kmで後ろを振り返ると空は真っ暗。雷も聞こえる。怖くなってUターンすると風が急に冷たくなってきて物凄い雨が降ってきた。雨よりもむしろ雷の方が怖い。橋の下へ駆け込んでしばらく雨宿り。先客は郵便配達人。寒くなってきたのでTシャツを脱いで絞る。

しばらく様子を見ていると、突然変わった車がやってきた。2人乗りのオープンカー。レース仕様のような車。F1を小さくしたような車体だ。屋根がないので雨宿り。よく見ると前面の風よけもない。それどころかエンジンもむき出し。

車の名前を聞くとプラークのような名前だった。イギリスの車とのこと。家でネットを調べたが名前は違うようだ。忘れてしまった。

しばらく車を眺めていろいろ話を聞いた。2.3リットル。サーキットを走っていて車はかなり速いが自分の技術が着いていかないとのこと。

雨も止んできたので走り始める。冷たい風が吹き付ける。

体も冷えてきたのでもう止めようかな、と思ったが走っているうちに太陽が出てきたので少し長めに走ることにする。

しばらく走るとTシャツが乾く。速乾性のTシャツに感動する。

明日も走りたい。

f:id:TakaQ:20170404202734g:plain