読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eぺース走

6.67 km 40:23 (6:03)

金曜日:今日はゆっくりと研究出来る日である。いろいろな問題を考えてみる。先日も書いたテーマに関しても考察を深める。なかなか面白そうな気がする。

昼前に学部長から連絡があり少々ばたばたする。昼にはそれに対して緊急の領域会議。それが終わってから再び研究テーマに関していろいろ考える。しかし、さすがに金曜日はしんどいのー。眠くなる。

帰宅途中にワイン屋に寄る。更に半額刺身と総菜を仕入れて帰る。

オノロベラを堪能する。

土曜日:たかどんと買いものへ。いつものスーパーで買い物をしていると

「テレビの取材がきているの受けて頂けますか?」

「はあ、そうですね、たかどん受けたら」

「男性が少ないので、ご主人是非お願いします」

とのことで、わしが取材を受けることに。なんだかんだとインタビューに答える。

「どうして食べているのですか」

「はい、良いタンパク質を取るためにほとんど毎日欠かさずに食べています」

ここでマラソンについて喋ろうかどうか一瞬迷う。ランニングしているので、日常的にタンパク質を取るために食べている、と口から出かかるが止めてしまった。それは何故か?

何年か前なのだが、新入生のガイダンスでのこと。まだレースに出始めた頃で、わしは日頃からマラソンのおもしろさを語っていた。そのガイダンス、教員の自己紹介でもわしは趣味としてマラソン走っていることについて語ったら同僚がぷっと吹いて「また喋ってるよ」と言う反応を示した。それ以来、わしはマラソンに関して喋るのをためらわれることが多くなってしまった。

しかし今日はちょっと後悔。格好のネタを提供できたのに。

「ご家族はいかがですか」と聞かれたので「たかどんも食べているよね」とたかどんにバトンタッチしてわしはインタビューから逃れる。かなり汗をかいてしまった。

その後、しげるさんのお見舞い。帰りに思いついてたまに行くステーキ屋へ。久しぶりにステーキ定食を食べてから帰宅する。それからすぐに先週に出来上がっているサングラスを受け取りに。そのサングラスをかけてさっそく河畔へ走りに出かける。

走り始めると景色が揺れる。サングラスは揺れていない気がするのだが、多少ゆるいせいかわずかに揺れているのだろう。だめだ、気持ちが悪くなる。歩くと大丈夫だが走ると揺れる。なんとか6km走ったが、本当は直ぐにも止めようかと思った。

帰ってからサングラスをよく見るとまず、鼻に当たる部分は適当に動かせるようだ。ここを調整すると良くなりそう。耳の後ろのゆるさに関しては、明日店に行って相談してみよう。

f:id:TakaQ:20150921161804g:plain