読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eペース走

12.02 km 1:08:06 (5:40)

昨日のランニングが結構なダメージだった。昨日は昼寝が出来なかった分、夜は10時間以上は寝たか。朝は遅く起きる。

9月はちょっと忙しい予定なので、既に後期の授業の準備を始めている。例によって新しい担当科目のノート書き。

夕方、走りに出かけた。風が強いが気温はかなり低そうだ。今日は昨日のダメージを回復すべくゆっくりと走る予定。走りながら、ふと朝に見た競歩を思い出して、まねをしてみた。Eペース位でジョグをしつつ、フォームを変えて歩くイメージ、つまりジャンプしない、必ずどちらかの足は着地しているイメージで走って、いや歩いてみる。なるほど、こういう感じなんやな。もちろん、規定に違反していないか、特に膝が伸びているかどうかは分からないが、わしのイメージとして歩いてみる。

非常に違和感があるが、しかし、意外と楽かしれない。100m位歩いてから、急に通常のジョグに変えてみるとブレーキがかかる。えっと言う感じ、非常に意外だ。もちろんだらだら走っているせいでもあるのだが。6'00"/km位だと走る方が楽だと思っていたが、むしろ歩く方が楽かも知れない。まず第1に、姿勢に気をつけないと、特に腰高でないと歩けない。また、骨盤をぐるぐるしないと歩けない。もちろん、体の上下動はなくなる。

100m位走ってから、徐々にランニングに戻して100m走り再び歩き、これを繰り返して競歩的フォームにしていく。特に、骨盤の使い方を変えないように、ランニングに移行していく。後ろ足への体重をかけ方を意識するとうまくいく感じだ。

このフォームのどこに負荷がかかるか知るために、最後の3kmくらいずっと歩いてみる。特に最後の1kmは出来るだけ速く歩く。Mペース程度には歩けたが、これがわしの歩く速さの限界やな。

f:id:TakaQ:20150823194324p:plain

走り終えた感想。足は裏側を非常に使うようだ、特におしりが痛くなった。また、股関節周りが疲れた感じだ。これは意外とわしが追い求めていた形かも。これからも練習に取り入れる価値があるように思う。

f:id:TakaQ:20150506163700g:plain